ehon_howtomake-02+line_04
ehon_howtomake-06まずはストーリーを考えます。
絵から進めてもよいですが、ストーリーを先に考えた方が話の流れがスムーズになるため、ストーリーを作ってからそれに合わせたイラストを描く方法をオススメします。
起承転結を意識して作るのがポイントです。
ehon_howtomake-03絵本を作る際に仕様として重要になってくるのは、文章が横書きか縦書きかによって、
ページの開く方向が変わってくるということです。
下の図のように、横書きの場合は左とじ・左開き、縦書きの場合は右とじ・右開きとなります。
ページの流れを間違えると、ストーリーが成り立たなくなってしまうので注意しましょう。ehon_howtomake-08++ehon_howtomake-04ehon_howtomake-09絵は、絵本を開いた状態の絵を
A3の紙に描いてください。
紙の入手が困難な方は、協同印刷株式会社に
気軽にお問い合わせください。紙を支給いたします。

紙の周り5mm 程度は絵が切れてしまう場合があるため、
背景以外の絵で切れてほしくないもの(例:登場人物など)は描かないでください。

また絵を描く画材は自由です。
薄い色は印刷の際に再現できない場合があるので
なるべく濃い色の方が絵本がキレイに仕上がります。
デジタルでの作成も可能です。
デジタルの場合は、提出の際には紙にプリントアウトしたものを提出してください。ehon_howtomake-05ehon_howtomake-10 文章をイラストのどの位置に入れるのかを決めます。
ここでのいちばんの重要ポイントは、
絵を描いた紙に文章を直接書き込むのではなく
絵をコピーした紙に書き込みましょう。

直接書き込んでしまうと、
せっかく描いたイラストが台無しになってしまいますので
ご注意ください。

コピーは原寸でなくてもよいので、
文章がだいたいこの位置にあるとよいと思う位置を示してください。

ehon_howtomake-07
完成した作品を協同印刷に提出しましょう!
持ち運びのときには、絶対に絵(原画)を折り曲げないでください。

line_01